視点の違い⑥神の言葉か悪魔の言葉か

 

 

>>「自分は今までの自分でいいんだよ」
「変える必要なんてないよ!」

 

これは、「不幸になれ!」と言っているようなもの。

自分を認めてくれて、肯定してくれる言葉に多くの人が喜び、
舞い上がったり、過信しますが、

こういうのが、人間を傲慢にさせ、堕落させる

「悪魔の言葉」なのです。
(人間が、悪魔ではないですよ。)

 

神が存在するということは、

悪魔悪霊も存在するのです。

 

 

顧客を依存洗脳させる手口で、
このような「喜ばせ言葉」がよく使われますが、、、

神がこのような言葉を言うと思いますか?

ましてや、ガンを患ったり、
人間関係の問題が起きている人に対して。

 

自己愛が強く、劣等感が強い人に、
喜ばせ商法は、とても危険で、

鵜呑みさせ、慢心させたら、自分を勘違いしてしまい、
悪魔の罠に落ちていくだけです。

 

何か努力をしている時に褒めたり、
努力している最中でくじけているときに

大丈夫だよ〜と、フォローすることはあっても、

自分を変えるために、何の努力もせず、
色々問題も起きている人に、


「今のままでいいのよ〜」
「変わらなくてもいいよ〜」というのは、

その人のことなど、どうでもいいから言える言葉です。

 

他人のことよりも、「自分の評価」
自分や世間への口コミ評価優先。

他人のことよりも、「自分の我欲」
自分のエゴを満たすことが
優先。

 

「自分の評価」と「自分のエゴを満たす我欲」のために、
嘘と偽善とエセ正義の言葉でごまかし、
”専門家ごっこ”をしているのが”この世”です。

こうして、

優秀なクライアントの成長の芽まで潰し、

病気や何らかの問題を”繰り返す人”を

”この世”に増やしていくのです。

 

 

【神の意】
神は人間をどのようにしたいのでしょうか?

【悪魔の思惑】
悪魔は人間をどのようにしたいのでしょうか?

 

心にもない嘘の喜ばせ言葉で、相手の心を操り、
慢心させ踊らせて生かしておく。

これは、悪魔の常套手段ですが、
「悪魔の目的」は一体何でしょう?

 

悪魔の目的は、お金ではないですよ。

(人間視点のものでもないです)

 

悪魔悪霊の惑わし言葉は、
いろんなところで入ってきます。

 

ちなみに「神の言葉」は、大まかに分けて3つ
そのうちの一つが、叱責。

”叱咤”と”怒り”は、全然別物ですよ。

怒りは、”自分の感情”=エゴですよね。

親が子供に叱る時、自分のエゴの”怒り”からくるものなら、そこに愛はないですよね。

神の叱責には「愛」があります。

 

 

では、神の愛を受ける(つながる)には、日々何をしたらいいでしょうか?

神に好かれ、神が力を貸す人とはどういう人でしょう?

これは過去ブログでもずっと書いてきたことです。

 

悪魔悪霊に好かれ、悪魔悪霊が力を貸す人とはどういう人でしょう?

悪魔悪霊に惑わされていく人とはどういう人でしょう?

 

 

 

 

 

カテゴリーLIFE